投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

楽な無料家計簿、「OCN家計簿」の凄さ。

イメージ
血液型がA型な私は、家計簿にこだわりを持っている。

大阪で一人暮らしをスタートした頃から、収支を管理する欲望を抱き始め、ノートなんかに手書きでまとめる面倒な家計簿ではなく、パソコンで作成し、データとして管理が出来る家計簿を色々試してきた。特にポイントの貯まるクレジットカードを多用するので、現金以外も含めた資産を管理が出来る家計簿を使ってきた。

一番最初に使ったのは「うきうき家計簿」というソフト。フリーソフトにも関わらず、基本的な機能を押さえた、使いやすいソフトだった。ただ、レシートが溜まってしまう家計簿特有の欠点は残り、半年で使用を諦めてしまった。

次に使ったのは Microsoft の「Money Plus」というソフト。価格が12,000円もするソフトで、家計簿は節約するのが目的なのに本末転倒だとは思ったが、思いきって買ってみた。「Money Plus」は大手銀行やカード会社と連携しており、各種取引明細をオンラインで自動的に取り込める先進的な機能を持ったソフトだった。さらに、日々の株価と連動し投資資産の収益が分かる機能もあった。クレジットカードに関しては入力要らずになり、個人資産を管理する満足を得て、続けることが出来た。アップデートの度に買おうと決めていた。しかし、Microsoftは販売不振から開発を中止し、09年に販売を中止してしまった。

その後、そのようなソフトは日本では生まれず(欧米では個人の資産管理が重要視されており、Microsoftよりも良いソフトは沢山ある)、私も諦めていた。

しばらくすると「iPhone」が登場する。当然私は飛びついた。

「Money Plus」のような超高性能アプリは無いにしろ、300円程度で買える家計簿アプリが山のように出回った。月単位で使ったことがあるアプリだけでも4つはある。その中で使い続けられたのが「アクティブマネー Pro」だ。このアプリは突出した機能はないものの、なくてはならない基本機能が全て網羅されていた。取引明細をダウンロードする機能はもちろん無いが、そこはiPhoneの強みで、現金でもカードでも支払った瞬間に手元で記入出来るのが続けられた要因だ。

しかし、「アクティブマネー Pro」は結局はiPhoneのローカルの中だけで完結しているソフトだった。カードの入力に関して言うと、明細をダウンロード出来るソフト…

新・刑事コロンボ 第46話 「汚れた超能力」

イメージ
刑事コロンボのブルーレイBOXを買ったので、 まだ制覇していなかった「新・刑事コロンボ」の方の 視聴を開始することにした。
刑事コロンボが好きと言い続けているが、 未だに「新・刑事コロンボ」を制覇していないのには理由がある。

それは、、、 「新・刑事コロンボ」が、酷い!!! ともっぱらの噂だからだ。

そんな噂を気にしつつ、「そんなことないんじゃないか?」 という淡い期待を寄せながら、第46話「汚れた超能力」を見てみた。


結果ヒドかった。orz

凶器としてマジックが使われるているのだが、 マジックの種明かしは「子供まかせ」になっているし、 最後に犯人を追い詰めるために罠にかけるシーンで、 コロンボが命を張るのも、コロンボらしくなく、 不満の残る作品だった。
ちょっと残念。 大丈夫か「新・刑事コロンボ」シリーズ!?


お笑いイベントを、地元の吉祥寺で。

イメージ
年始の1月7日から、本当に良く笑った。凄く楽しかった!
この前の土曜日に、「吉祥寺一受けたい授業 〜1限目〜」という小さいイベントに参加してきた。内容はというと、「笑いを交えて、日常や冠婚葬祭でのマナーをお教えいたします」とのこと。費用は前売り1000円。
最初は、イベントタイトルに興味を持ち、中身は期待せず、とりあえず申し込んでみた感じ。出ている芸人さんの名前も知らないし、頭に入らなかった。(すいません)

当日、地元の知り合いに声をかけ、会場のギャラリーに2人で向かった。駅から西の方にそこそこ歩く。吉祥寺には長い間住んでいるが、あまり行かない住宅街に近いエリアだった。人が2人通れるかどうか、というような狭い路地を入り、普通の家を改築したような建物に入る。
TOPの写真が会場。床がキシキシきしむ木造風。広さは学校の教室の半分以下、席は20人程度。半分が椅子で、半分が座布団。味がある。芸人さん自身が準備していて、すでにアットホームな感じだった。

出ている芸人さんは下記のとおり。
・宮内望 (今回のリーダー、マナーの資格を持っている)
・杉山えいじ (先日レッドカーペット賞を受賞したらしい!)
・チェルシー
・宮下覚
・チョコレート球団


第一部として、それぞれのネタ披露から始まる。結論から言うと、微妙なのもあったが、密なライブ感で笑ってしまう感じ。ノリは非常に良かった。特にレッドカーペット賞を受賞した杉山えいじさんのネタは面白かった。

杉山えいじさんのレッドカーペットのネタ

第二部は、副題にもあるマナー講座。と言っても芸人さんがやる講座なので、中身はあまりない(笑)。でも講師と、講師以外の芸人さんのやり取りは、まるでお笑い番組を見ているようで、面白かった。お客さんに質問を振られることもあるので、参加型とも言える。

※ただ、下ネタに走ることも多く、一緒に来た女の子は、その点を残念がっていた。


いつも「しゅべくり007」とかバラエティ番組を見ている私ですが、テレビには出てこない芸人さんたちも普通に面白いし、頑張っていることを知れた。やはりライブ感に勝るものはない。吉祥寺というローカルで、小さなギャラリーでやるこのイベント、「二限目」があったらまた是非行きたい。


【ミニ情報】
・会場には東MAX(アズマックス)の弟さんも来ていた。
・TOPの会場の写真にあるタイトルは「吉…