投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

無料家計簿 OCN家計簿とMoneytreeの比較レビュー!

最近熱い分野がある。
金融機関の口座情報を自動的に取得して、家計簿を簡単に作れる「マネー管理サービス」だ。以前からあるサービスだが、iPhone等のスマホを活用して、現金の入出金管理も簡単に行うことで、「続けられる」総合的な資産管理を行えるようになっている。

このブログでも紹介した「OCN家計簿 + Zaim」はその分野で有名だが、最近はこの分野に魅力的なスタートアップも現れている。

当ブログの過去記事
楽な無料家計簿、「OCN家計簿」の凄さ。 マネー管理サービスのニュース記事
マネー管理アプリのMoneytree、DGインキュベーション等から1億5,000万円を調達マネー管理のZaimがクックパッドから4,200万円の資金を調達
私は1年以上OCN家計簿にお世話になっている、生粋の家計簿好きだ。マネー管理サービスが盛り上がってきたところで、最近現れた「Moneytree」とはどんなもんか?実際に使ってみて、その使い心地をOCN家計簿チームと比較してみた。




【入力デバイス(項目1・2)】 まずは入力できるデバイスについて。OCN家計簿はZaimとの連携によって、現金の管理をマルチデバイスで入力できるが、口座管理はWEBからしか出来ない。資産がどうなっているのかすぐにチェック出来ないのは不便だ。対して、MoneytreeはiPhoneのみという縛りはあるものの、見たい時にサッと見れて、編集できる強みがある。
【対応サービス(項目3・4・5)】 いつも使っている銀行口座やクレジットカードが登録できないと意味が無い。Moneytreeの課題は、証券会社に対応していないことだ。株等の運用をしている人は、その結果を資産に反映できない。両者に対応サービスの数で大きな開きがあることに注意しよう。
【料金(項目6・7)】 両方のサービスともに料金は無料だ。ありがたい!ただし、MoneytreeのFAQには、現在は公開キャンペーン中という旨が明記されていることに注意したい。OCN家計簿もプレミアムサービス等を検討しているのは明らかだが、現時点では過去履歴が3年間という制限があるものの全サービスを無料で使える。
【その他(項目8~15)】 細かいところだが、気になるところを説明していこう。 ①「予算管理」。やはり、出て行くお金を減らすのが家計簿の主目的なわけで、予算を決めてそれを超えないようにや…

良書読感!『「量子論」を楽しむ本』

イメージ
非常に幸運なことに、私は高校時代の予備校で量子論に出会うことが出来た。
(今流行の東進ハイスクールだ、笑)

量子論は私に衝撃を与えてくれた。それは、物質が「飛び飛びの値」を取り得ることを知った瞬間だ。「飛び飛びの値」というのはどういうことか。まず、日常生活では「連続の値」に囲まれていることを説明しよう。

例えば、人が走るスピードを考えてみよう。人が停止状態から走り出すと、当然ながら、時速0キロ→時速1キロ→時速2キロとスピードが上がっていく。そして、0キロと1キロの間は無限に細かい値があって、時速0.00312549804584キロなんて値もあるだろう。つまり、「連続の値」を示しているわけだ。逆に「飛び飛びの値」とは、人が走りだすと、時速0キロ→時速1キロ→時速2キロとスピードが上がっていくが、0キロから1キロへは瞬間的に切り替わるのである。ある意味「瞬間移動」だ。そんな不思議な状況遷移が「飛び飛びの値」である。

量子論(物質を極限まで小さな、ミクロの視点で捉える理論)では、物質は「飛び飛びの値」を示すのである。先ほどの不思議な状況が、現に起きているのである。例えば、電子の動きなどである。僕らが見ている日常は、そのミクロの世界を、それまた無限に積み上げた物質の世界であるわけで、「飛び飛びの値」を無視出来る「連続の値」を見ているのである。


なんて常識から逸脱した学問なんだと思いません?そう思われたのなら、是非この本は手にとって欲しい。難しい部分もあるが、流して読んでも量子論の持つ「不思議さ」を感じることが出来ると思う。

私達が見ている(観測している)世界を構成する量子の世界では、別の物理法則が適用されていると思うと、ちょっと世界の見方が変わりますよ?

低解約返戻金型の生命保険に注意すべき4つの理由

世の中には色々な保険がありますが、
今回は基本的な保険「生命保険」について、考えてみようと思います。

生命保険は、自分が死んだ事による資産リスクに備える商品です。
ただし、当然ですが、保険会社が儲かるように出来ています。

つまり、

支払う保険料 = 平均寿命で死んで貰える金額 + 保険会社の利益

言い換えると、

平均寿命より早く死なないと、絶対に損するんです。

もちろん、もし死んだ時に路頭に迷いたくないので、
生命保険に入ることは大切です。
ここで言いたいのは、「シンプル」にするべきということです。

特に、最近流行りの貯まる保険「低解約返戻金型」には注意するべき。

低解約返戻金型の細かい説明は別サイトに任せるとして、
簡単に言うと、すぐに解約しない約束で、
60歳になると払った金額を利子付きで多く返します。
という保険です。

生命保険にもなるし、生きてたら貯金にもなる!
そういう売り文句です。

でも、ちょっと待って!

私は4つの理由から気をつけるべきと思っています。

1)「死」以外のリスクを背負いますよ?
生命保険に入る理由は「死」というリスクを少なくするため。
それなのに、「低解約返戻金型」に契約するということは、
「仕事を失う」「働けなくなる」などのリスクを抱えることになります。
なぜなら一定期間内に解約すると、支払った金額の7割しか返ってこないから。
未来が見通せるならいいが、そんな時代じゃない中、
新たなリスクは背負うべきではないと思います。
2)死なないことを前提として計画してませんか?
最初に説明したとおり、生命保険に入るという行為は、
平均寿命より早く死ぬことを想定した行為です。
しかし、低解約返戻金型は長く生きたら沢山返ってくる仕組みです。
長く生きることを想定してライフプランを立ててませんか?
やっていることが矛盾してますよ。
3)40年間預けて返戻率110%って本当に高い?
「複利」「単利」って知ってますか?
銀行の口座の貯金は「複利」です。
「複利」は生まれた利子にも利子がついて、
雪だるま式に増えていく利子のつき方です。
40年間で110%に増えるためには、金利何%の複利で運用すれば良いでしょう?
答えは「0.25%」です!
そんなに高くないでしょ?定期預金でも同じぐらいの運用はできます!
4)40年後の金利を今決めて良いんですか?
低解約返戻金型に契…